山羊座の性質と2020年までの開運法

太陽が山羊座に入り、冬至を迎えると、山羊座の季節(12/22~1/20ごろ)が始まります。


山羊座は牡羊座から数えて、10番目の星座です。


結果と目的達成を大切にし、社会での立ち位置を強く意識する性質です。


山羊座と関係の深い惑星(支配星)は土星です。


土星は制限やルールを課し、努力することを求める星なので、努力をいとわず、感情に支配されない山羊座とは、とっても性質が似ています。


先日(2017.12.20)土星が山羊座の領域に入りました。

ここから約3年間はそのまま山羊座に滞在します。


土星と山羊座は相性が良いため、土星のパワーは良い方向に、強く働く3年間になります。


普段よりも少し、厳格な空気に包まれるかもしれません。


個人の感情よりも社会的に良くなる方が重視され、今まで見逃されていたルール違反などが

厳しく取り締まりを受けるのが自然な流れとなってくるでしょう。



前回、土星が山羊座に居たのは昭和の終わりから平成の初期にかけてでした。


時代が大きく移り変わり、私たちもまた、今までとは違う、時代にそぐわなくなったルールと如何に向き合うか?などを考える機会が多くなりそうです。


今までは通用していた常識やモラルなども、今一度、考え直す機会も増えそうです。


2020年までの約3年間は、1人1人がきちんと自分に責任を持ち、現実と向き合っていくことが大切なカギとなるでしょう。


  • 誰かのせいにして責任を負わない
  • 楽な方へ逃げる
  • 面倒くさがる


これが一番やってはいけないことです(笑)


反対に、今までコツコツと努力をしてきた人、きちんとキツイ現実にも向き合ってきた人、

逃げずに責任をとってきた人はきちんと報われる時期でもあります。


土星はがんばった人は見捨てないのです。


そして、見ている人は見ているということをきちんと教えてくれる星なのです。


山羊座土星の3年間はしっかりと現実を見据えることが、一番大切なことかもしれません。

チャンスをつかめる人になる星読み開運法

星読み開運ガイドの深井香織です。 占星術を基本とした、チャンスをつかめる人になる開運法 をお伝えする星読みセッションや占星術講座、星読み開運講座 を全国各地、ZOOM、Skypeなどでおこなっています。

0コメント

  • 1000 / 1000